僕の掲げる老後の生活

今私はまだ学生ですが老後の生活はどこでどう過ごすのかを考えています。まず私の場合は老後は基本的には生まれ故郷に戻りそこでゆっくり過ごしていきたいと思います。なぜ実家がいいのかというとやはり最も落ち着く空間が実家なので、私はこの生まれ故郷の福島に帰りたいと思います。また、こうした東北の方は物価が安く、老後の資金にも困りません。また、この他に利点としてあげられるのは時間の流れがゆっくりで急な仕事も入らないというような利点もあるからです。このようなことをトータルで見た結果わたしは田舎でゆっくり暮らすのが引退生活で最も自分にあった生活なのではないかと感じわたしはこの生活をしたいと思いました。また、田舎は基本的には自然が豊かなのでその自然を見ながら時々自然の中に入っていくような感じで散歩をしてみたりすることが自分の老後にあった生活なのではないかと感じてこの生活をしたいと思いました。また、基本的には年を取ったら静かに暮らしたいというのが私の考えの中にあるので田舎でゆっくり静かにを目標にしていきたいと思います。以上が私自身が考える老後の生活と住まいの周囲の環境です。あまり忙しいような環境ではすごしたくないのが本音です。

 

住まいの展開図の見方について

展開図とは、部屋ごとについて、壁面を1面ずつ内部から表した図面のことを言います。一般に、1つの部屋について、北面から東面、さらに南面、西面と、時計回りの順番で描かれます。ここでは天井の高さ、開口部の形…

物件選びをする時は日当たりのことも考えて

どんなマンションに住むにしても日当たりは重要です。日当たりが悪いと洗濯物が良く乾かなくなったり冬には部屋の中が寒くなったりと不便なことがたくさん出てきます。物件を探す時は間取りや場所だけでなく、日当た…

賃貸はどうも。。。

結婚する前から、そしてつい3年前まで賃貸物件にすんでいました。賃貸のメリットを教えてくれ、といわれたら、二つくらいしか浮かびません。ひとつは、隣人や、環境が気に入らなかったらすぐに移動できること、そしてもうひとつは、どこかが故障しても不動産、もしくはオーナーが負担してくれること。コレくらいじゃないでしょうか? しかし、デメリットなら、いやというほど出てきます。なんせ、賃貸暦15年ですから。 まずは、傷をつけられないことと、自分好みの部屋にしづらいこと。絵や、写真を飾りたくても傷をつけると、出る際に修理費として敷金からひかれてしまいます。また、ある物件は、玄関が非常に日当たりが悪く、靴を収納する棚がカビだらけで、革靴すべてにカビが生えてしまい、それを訴えましたが何もしてもらえないという悲劇もありました。古いアパートでは、下水管がつまり、部屋が水浸しになってしまうこともありました。 やはり、賃貸には不満が多く、また、満足できる物件に出会えるのも、なかなかないものです。 実際に、やっとのことで、自分の家を持つことができましたが、小さいながらも、自分の好きな要環境つくりができるし、何か故障や、悲劇が起きても、すべて自分たちの責任で誰を攻めることもできませんので、自分で事前に点検したりするようになります。 できるだけ、早めに自分の家を持てるよう、早めに賃貸から脱出できるよう、努力を欠かさないことです。

一押しサイト

日本ソフトウェアデザイン株式会社の情報です/ 本棚の通販ならエンジョイホームが良い/ シェアハウスを大阪で探しているならアニモ企画/ 寮の求人ならグッジョブナビを見よう/ 三宮ネットカフェでおすすめはなゆたです/